糖尿病の初期症状

静かな疾患サイレントディジーズやサイレントキラーなどと呼ばれるようになり、怖さも浸透しつつあるのが糖尿病です。しかしその原因となる暴飲暴食や肥満に関して、関心を持たない人も多いのが特徴です。特に初期症状について、知っておくことで軽度な治療によってうまく付き合っていける病気であることを知っておきましょう。

初期症状があることを知ろう

サイレントと名が付くだけあって、なかなか初期症状がでにくいのが糖尿病です。ただし顕著な初期症状として挙げられていますので、なんとなくそのように感じるのであれば、「その気がある」と関心を持つことも可能になるでしょう。
主に喉の渇きと多尿が初期症状です。糖がうまく処理できないことから、尿によって排出しようとします。そうすると水分も必要になることから多尿になり、それに伴い喉の渇きを訴えるようになります。またブドウ糖の代謝がうまくできないことによって、体が疲れやすくなるのも糖尿病の顕著が初期症状です。

糖尿病にもいろんな種類がある

一般的に多くの病気として認知されているのは、2型糖尿病です。健康診断でも多く指摘される病であり、その予備軍を含めると、膨大な数に上ります。1型は全体の5%ほどになっており、子供や若年層に多いタイプです。
あとは遺伝子異常や先天性、医薬品によって起きるケースや、妊婦になることで胎盤から分泌されるホルモンがインスリンの働きを阻害することによって起きることも。高血糖は胎児に悪影響ですので、妊婦検診の重要性が理解できるはずです。

ただしサイレントだけあって自覚症状がでにくい

自覚症状が出ることがとても少ないのが、この病気の特徴になっています。ほとんどが定期的な健康診断を受けることによって、予備軍であったり、精密検査の結果、糖尿病と判断されることが多くなります。ただ病気と診断されても、それほど悲観する必要はありません。この病気はうまく付き合っていくことによって、生活に支障が出ることが少なくなります。
重症化しないケースであれば、医薬品の必要もなく、ライフスタイルの改善だけで、うまく付き合っていくことができる病です。だからこそなるたけ早めに診断されることが大切であり、よって定期健診の価値を見出すことができるでしょう。

症状が出ればラッキーと考える病気でもある

顕著な初期症状はありますが、でにくい病になります。よって初期症状を感じることができれば、ラッキーと考えることも大切になるでしょう。それだけ体が偶然的にもサインを発したことになりますので、喉の渇きや多尿に加えて、体の疲労感を感じるケースであれば、早急に病院に行くことをおすすめします。初期症状が出れば、ラッキーと考えてください。

関心を持つことによって予防をすることができる

初期症状も出にくい病だけに、関心を持つことがとても大切になります。糖尿病を罹患しやすい人にも特徴があり、それは暴飲暴食と肥満です。アルコールやバランスの悪い食事をしている人、顕著な肥満体型の方は特に注意が必要になります。最近は肥満気味と見えない人でもBMIが高い人も多くなっています。25を超える人は要注意です。

できることから始めるようにしよう

体重を減らすことや、食事制限、特に糖質制限など効果的な予防対策になっていますが、なかなかきついです。あと一口を我慢する、生活に運動を取り入れることなどから始めることだけでも、糖尿病予防になることを忘れないでください。

what's new

2017-01-20
糖尿病の初期症状の内容変更
2017-01-20
■会社概要を新規投稿
2017-01-20
隠れ肥満の人も糖尿病に注意をの内容変更
2017-01-20
サイレントキラーだからこそ怖いのが糖尿病の内容変更
2017-01-20
サイトマップの内容変更