サイレントキラーだからこそ怖いのが糖尿病

サイレントキラーやサイレントデジィーズと呼ばれることもあるのが糖尿病です。静かに疾患は進行していき、自覚症状が出たときは、かなり進行しており、いろんな合併症のリスクが高まる病になります。だからこそ、必要なことを知っておきましょう。

静かに進行をしていくことの意味

静かに進行をしていくというのは、大変怖い病になります。自覚症状がないからこそ、糖尿病は静かに進行をしていき、合併症である神経障害や腎症、網膜症などを発することで診断されることもあります。足のしびれといった症状が出たときには、かなり進行していることもあります。非常に馴染がある病になりますが、怖い存在であることを認識するようにしましょう。

自覚症状が大変でにくい病

自覚することが少ないからこそ、進行をしてしまいます。3大合併症だけではなく、動脈硬化により、心血管疾患や脳卒中を引き起こすこともあり、命を奪う病であることがわかるでしょう、。日頃から血糖値に関しては、興味を持つようにしましょう。

定期健診が糖尿病の進行を食い止める効果的な方法

自覚症状がでにくいからこそ、効果的な進行を食い止める方法としてあげられるのが、健康診断です。これを定期的に受けることによって、進行を食い止めることが可能です。予備軍であれば改善することもできますし、また診断されたとしても、血糖値とうまく付き合っていくことで合併症が起きずに済むことも多いです。

食事に関心を持つようにしよう

いろんな糖尿病のタイプもありますが、多くは暴飲暴食や肥満によって発症することが多いです。糖質、特に炭水化物の取り過ぎには気を付けるようにするだけでも、糖尿病予防を行うことができます。食事に関心を持ってください。

関連する記事

次の記事: を読む ≫