糖尿病とはどんな病気?

馴染みがあるのが糖尿病ですが、自分には降り掛かってほしくない病にもなります。5人に1人と言われているほど頻度が高い病気になっていますが、正しい知識を持つことも大切です。そもそもどんな病気であるのか?それを見ていきましょう。

血がドロドロになり色んな合併症が起こる

尿に糖が混じる病気であり、本来はこのようなことは起きません。糖質をブドウ糖に変換するのがインスリンとなり、それが代謝することによって人間の活動力になっています。食べ物を口にすると糖質を分解するために膵臓からインスリンが分泌されます。食べ過ぎなどの影響により、インスリンが過剰に分泌されると膵臓もパンクをしてしまい、それにより正常な糖質の分解ができなくなる病気です。
血がドロドロになり、動脈硬化から心血管疾患や脳卒中などの症状になったり、糖尿病の合併症として有名な神経障害や腎症、そして網膜症などが起きる原因となります。

予防は食べ過ぎと運動

いろんな要因がありますが、食べ過ぎや肥満が糖尿病を引き起こしています。生活習慣病のひとつと考えてください。予防は食べ過ぎを防ぐことになり、そして運動です。適度な運動はインスリンの分泌を促進させ、反応もしやすくなります。またそれだけではなく、肥満解消にも効果があります。
見た目で太っていないと見える人であっても、BMIが高い場合は肥満と判断されますので、そのような人にも注意が必要な病です。

意識することで予防することができる病

食べ過ぎや肥満に注意をすることによって予防できる病です。またたとえ糖尿病と診断されても、うまく血糖値をコントロールすることができれば、それほど問題は起こりにくいですので、うまく対処をすることが大切です。

関連する記事

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫