糖尿病のこんな症状に注意

非常に自覚症状がないからこそ、恐れられる病になるのが糖尿病です。ただしサインが出た場合、それが治療のきっかけになることを忘れてはいけません。なんらかのサインを感じることも多いですので、それを見逃さないようにしましょう。

糖尿病の初期症状

本当に出にくい自覚症状ですが、初期症状としてこれらがあげられます。喉の渇きと多尿は顕著な初期症状として知られており、自覚する人も多いです。糖が尿に混じることによって水分で排出しようとすることから多尿になり、それによって体内の水分が失われ補充しようとすることから、喉の渇きを訴えることになります。
また足のしびれや火照りや冷えが繰り返す、足が鈍感となりケガに気付きにくくなる症状もあります。ただ初期症状というより、ある程度進行してから出てくることが多いです。

疲れやすい症状にも注意を

また疲れやすいのも糖尿病の自覚症状のひとつです。糖がブドウ糖に変換されないことから、疲労を感じることが多くなります。最近疲れやすいと感じる場合は、まず糖尿病を疑うことも必要な判断です。

合併症が表れる前に治療を

神経障害、腎症、網膜症は糖尿病の3大合併症と呼ばれており怖い症状です。しかしこれらの合併症が発症しないようにすることも可能ですので、その前に改善を図るようにしましょう。自覚症状が出にくい病気になりますが、定期健診によって発覚するケースも多いことから、真面目に健康診断を受けることが大切になるでしょう。

定期健診を怠らないように

1年に2回ほど定期健診を行う機会がある人が多いですが、自営業等の方でも自治体の健康診断を利用することができます。自覚症状が出ることが少ないからこそ、定期健診の重要性を感じてください。

関連する記事

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫