隠れ肥満の人も糖尿病に注意を

目に見える肥満体型であれば自覚も容易くなりますが、そうではないケースもあります。最近は隠れ肥満も増えており、そんな人にこそ糖尿病の予備軍であり、注意しておかなければなりません。注意するべき人はどんな人であるのかを、見ていきましょう。

BMIによって隠れ肥満度がわかる

BMIが25以上になると、隠れ肥満と定義されます。たとえおなかが出っ張っていない、または本人では肉付きを感じない人であっても、BMIが25以上になるケースもありますので、注意が必要です。最近の健康診断ではBMIも明記していることがありますので、それらのデータを参考にして、自分の値を気にするようにしましょう。

肥満は糖尿病や生活習慣病のもと

さまざまな健康を害する要因となるのが肥満です。血糖値が高い状態である糖尿病も肥満の人がなりやすいと言われています。またそれだけではなく、高血圧や動脈硬化の原因となっていることから、怖い要因となることがわかるでしょう。生活習慣病を引き起こす直接的な誘因であることを理解しておきましょう。

食事と運動を組み合わせた対策を

糖尿病などの生活習慣病を引き起こす肥満の対策として、有効的になるのが食事と運動です。摂取カロリーよりも消費カロリーが上回れば、それだけで肥満対策となります。しかし運動だけでカロリーを消費するのは一苦労になりますので、食べ物に関心を持ち、カロリーを減らすように工夫をしましょう。

BMIに着目して健康的な体づくりをしよう

肥満度の測り方として、BMIが有効的な判断基準になります。うまく付き合っていくのが糖尿病になりますが、なるたけなら避けたい病です。だからこそ肥満度にチェックすることで予防を心掛けるようにしてください。

関連する記事

≪ 前の記事: を読む